ピアノレッスンの曲に飽きた一瞬、倉庫から出てきた楽譜

小さい頃にピアノを習っていたぼく。久しぶりにピアノを続開して3ヶ月が経ちます。弾こうというって楽譜がいるわけですが、最初の楽譜探しでチェルニー30番ってコンコーネ50番が出てきました。これは、中学生のときに配慮になったマニュアルだ。他にもハノンやソナタアルバムとしていましたが、いかに探しても出てこないのでこういう二つとして訓練を通してきました。公正、ソナタアルバムといったハノンが出てこれば再度訓練の高低が広がったのに。ハノンって指訓練専用に作られているので、まじめにやれば指がスムーズに働くようになり、速弾きの曲で困らないらしき。ソナタアルバムはチェルニー30番の利用みたいな感じなので、ほんのり上の水準を目指すにはピッタリだと想う。ぼくはその一部分しかやらずに終わってしまったので、再度真面目にやっておけばよかったという。仮に出てこれば弾き倒したいのですが、肩透かし。なので、出てきた2つの楽譜で3ヶ月日にち練習してきたのですが、何十回と弾いて誘因がなくなってしまった。楽譜が出てくることを願って倉庫を物色していると、異常が。ぼくが期待したハノンとソナタは出てこなかったが、中学生時代にミュージックのコースで使用したコーラスビッグイベントが出てきた。グラウンド讃頌という青葉の歌の伴奏があるんだけど、中学生のとき徐々にも指を置けなかった曲です。通り掛けまで弾くのに1時間限りかかったからやめた。目下はじける自信あると感じたので直ぐに弾いてみたら、インスピレーションは正しかった。スラスラは弾けないけど、のほほんと15パイぐらいの時間で弾ききることができた。凄い上達だと驚愕。