規則正しい方法で洗おう

あなたはいつも、どんな石鹸において、どのように体躯を洗っていますか?
「皮膚は妻において命だから、洗い効果の高い石鹸を使うようにしている」
「ゴシゴシ擦り付けるようにして、たっぷり黒ずみを減らすみたい意識している」
など、千差万別執着心があると思います。

ただし、ひょっとしたらそれらの執着心は、皮膚にとりまして間違った流しヒトかも知れません。
良かれとしてやることが、逆効果を招いているなんて不愉快ですよね。
一際デリケート領域を間違った洗い流し方をすると、すそわきががにおってしまう理由に。
そこで今回は、すそわきがのにおい対策のためにも、デリケートゾーンのふさわしい洗い流し方をご紹介ください。

前もって、扱うものはデリケート領域専用の石鹸だ。
それ以外の石鹸だと、かなりの刺激を与えてしまう。
出来る限り低刺激のものをチョイスしてください。

洗う時は、ゴシゴシたくましく洗うのは御法度。
そっちの方がシミが落ちそうな気がしますが、それも刺激を与えてしまうので逆効果になります。
手のひらで泡立てて、指の腹でやさしくマッサージするような感覚で洗ってあげましょう。
でも満杯シミは取り外せます。

また、ふき取る時にも注意が必要です。
いくらやさしく洗ったとしても、ガチガチのナイロンタオルはいけません。
軽々しい炎症を起こすケー。
軟弱原料のタオルで、ポンポンといったやさしくたたくようにしてモイスチャーをふき取るのが正しいやり方。
やはりソフトことが、皮膚のためになるのです。

手汗を止める制汗剤